総合指数とGap

 総合指数とGapは、現在のシンドロームにおいて重要な指数です。ソフトウェアの説明やロジックの説明でたびたび出てきますので、ここでその内容について説明します。

総合指数とは?

 総合指数は三連単過剰ポイントCTをもとに、直前異常オッズの度合いを数値化したものです。中身は三連単過剰ポイントです。
  CTをみれば判断がつきますが、総合指数はより機械的に処理できるように、締め切り3分〜12分前の最大値を抽出します。細かい売れ方などは配慮されていません。

※今後の研究でバージョンアップされる可能性があります。

Gapとは?

 Gapは総合指数による異常オッズの強さと、その馬の人気を比較した指数です。総合指数は異常オッズの強さを表すため、人気サイドに大きな数値が出やすい特徴があります。人気薄でも異常オッズの度合いが強い馬を判断しやすいように考案されたのがGapです。

 Gapが大きいほど、異常オッズの度合いが大きく、配当的にも妙味があると判断できます。逆に人気サイドのGapは小さくなります。

※今後の研究で別の指標に置きかえられる可能性があります。

 どちらの指数も現在のシンドロームにおいては重要な指数ですが、まだまだ研究段階のため、熟練者が過剰ポイントCTを使う場合に比べると精度が落ちます。それでも予想実績を見ていただければわかるように、それなりのパフォーマンスは出ています。

 いずれ研究が進むことで、より強力な指数に置き換わる可能性があります。

目次ページに戻る