チームシンドロームの活動について

チームシンドロームの活動

シンドロームは、単にソフトウェアを会員の皆さんに提供するだけでなく、
競馬という「実践の場で結果を残す」ことにこだわりを持っています。
主催者である我々も、1ユーザーとして携わり、
競馬開催日には自分たちのソフトウェアを使い、実際に馬券を購入します。

また、2003年の設立当初より、チームシンドロームとして「JRAと戦う」ことをモットーとしています。チームシンドロームでは、専用のSNS(ソーシャルネットワークサービス)やサイト、チャットなどネット内の活動だけでなく、年に1回のペースでオフ会も開催しています。

2012年からは、有志がJRA主催のオッズマスターズグランプリ(OMG)に参戦しています。チームシンドロームの活動は、我々の活動の一端を皆さんにご紹介するページです。

ライブ口座運用

ライブ口座運用実績公開中

ライブ口座運用は、2012年から個人口座を利用して、あらかじめ決められたルール通りに投票した結果をお伝えする試みです。
競馬系サイトでは、ウソの的中実績でお客さんを釣るという行為が見られますが、Club A-PATの入出金の記録をあわせて出すことで、実際に購入していることが理解していただけると思います。

また、会員の皆さんに対しては、より確実に利益を出す方法の実例として利用して頂いてます。

オッズマスターズグランプリ

オッズマスターズグランプリ2014

オッズマスターズグランプリ(OMG)は、JRA主催の「電話・インターネット投票会員限定キャンペーン」です。
期間中に登録した人が、インターネット投票IPATなどを通じて投票した成績に応じて、順位を競う競馬のお祭りです。実際に馬券と購入しないと、ポイントが貰えませんので、競馬の巧拙を競うのはもってこいの企画です。

2012年から、シンドロームでも有志の会員が参戦しています。2013年からは、有志の方のご好意で「シンド」の冠名を付けて頂いてます。
各年度ごとのオッズマスターズグランプリの結果は、以下のリンクより参照できます。