会員利用規約

制定:2003年 6月2日
改定:2021年10月1日

第1条 「適用」

  1. この会員利用規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社 ナクティブ(以下「当社」といいます。)が提供する会員サービスの利用に関する、会員と当社との権利義務関係を定めることを目的とし、会員と当社との間の会員サービスの利用に関わる一切の関係に適用されます。
  2. 本ウェブサイトに掲載されている内容も本規約の一部を構成するものとしますが、本規約と異なる規定については、本規約の規定が優先して適用されるものとします。

第2条 「定義」

本規約において使用する以下の各号の用語は、当該各号に定める意味を有するものとします。

(1)「会員サービス」とは、当社が次条に規定する目的および内容で会員に提供するサービスを意味し、理由の如何を問わず名称または内容が変更された場合は当該変更後のものを含みます。
(2)「アカウント情報」とは、会員サービスを利用するために必要となる会員識別コード(ID)とパスワードを意味します。
(3)「本情報」とは、当社が会員に対して開示し、または会員サービスの利用により会員が知り得たすべての情報(会員投稿情報、当社が会員サービスに関連して提供するソフトウェアの出力結果を含みます。)を意味します。
(4)「会員投稿情報」とは、会員が会員サービス(当社が運営する掲示板、メーリングリスト、チャットサービス、SNSを含み、これらに限られません。)に対して投稿する文章、画像、音声その他の情報を意味します。
(5) 「本ウェブサイト」とは、会員サービスの一部としてインターネット上で提供するウェブサイトおよびウェブサービス、ならびに当社が会員サービスに関する情報発信のために運営するウェブサイトを意味します。

第3条 「会員サービス」

1.当社は、以下の各号の目的で、会員に対して会員サービスを提供します。

(1) 日本中央競馬会(以下「JRA」といいます。)が主催する競走馬競走に関して異常オッズの観点から攻略すること
(2) 前号の趣旨に賛同した会員で構成される競馬コミュニティを形成すること
(3) 前各号に準ずる目的

2.会員サービスの具体的な内容については、本ウェブサイト上のページ(https://www.syndrome.jp/product/service/ 等)に掲載するものとします。
3.当社は、必要に応じて会員サービスの内容を変更し、または提供を終了することができます。
4.当社が会員サービスの提供を終了する場合は、当社は事前に会員に通知するものとし、支払い済みの会費がある場合は第14条第2項を準用します。

第4条 「会員登録」

1.会員サービスの利用を希望する者は、本規約のすべての規定に同意の上で、当社所定の方法で当社所定の情報(以下「登録情報」といいます。)を当社に通知することで入会申込みを行うものとします。当社は、当該申込みを受けたときは、当社所定の方法で審査し、その結果入会を承認した者に対するアカウント情報の提供をもって当該申込者を会員とします。
2.当社が前項の規定に基づき会員として承認したときは、当該承認の時点をもって、本規約に基づいて会員が会員サービスを利用できる利用許諾契約(以下「本利用契約」といいます。)が会員と当社との間で有効に成立するものとします。
3.当社は、第1項の審査にあたり、以下の各号のいずれかに該当すると判断したときは、入会を承認しない場合があります。なお、当社は、入会を承認しなかった理由を開示する義務を負いません。

(1) 登録情報に虚偽の事実が含まれていた場合
(2) 他の競馬予想サービスその他これに類するサービスの運営者、管理者、責任者または開発者その他これらに準ずる者であることが判明した場合
(3) 法人その他団体名義での申込みである場合
(4) 第17条各号のいずれかに該当する場合
(5) 20歳未満である場合
(6) 退会、会員資格の取消しその他理由を問わず過去に会員サービスの利用を終了した者
(7) その他、当社が登録を適当でないと判断した場合

4.会員として会員サービスを受けることができるのは、会員として登録されている本人のみとし、会員の家族、知人、雇用者または被雇用者その他会員との間に何らかの関係性を有する者であっても、当社が個別の会員として認めた者である場合を除き、会員サービスを一切利用することはできません。

第5条 「登録情報の変更」

会員は、登録情報に変更があった場合は、変更後遅滞なく当社所定の方法で当社に通知するものとします。

第6条 「会費および有効期限」

1.会員は、当社が別途定める期限までに、当社が別途定めて本ウェブサイトに掲載する金額を会費として支払わなければなりません。
2.当社は、会員への事前の通知をもって、当社の裁量で会費を随時変更できるものとします。
3.当社は、各会員に対して会員有効期限を通知するときは、毎月20日前後に行うものとします。

第7条 「アカウント情報の管理」

1.会員は、自己の責任において、アカウント情報を適切に管理しなければなりません。
2.会員は、当社の事前の承諾なく、アカウント情報の譲渡、移転、貸与その他の処分および名義変更を行うことはできません。
3.会員は、アカウント情報を紛失し、または漏洩その他第三者が知り得る状態になった場合は、速やかに当社に通知し、当社の指示に従って対応するものとします。

第8条 「会員による情報の取扱い」

1.会員は、本情報を、会員自身が私的に利用する場合ならびに本規約に違反しない範囲および目的に限り、自由に利用できます。
2.会員は、手段および目的を問わず、本情報を故意に第三者に漏洩し、または第三者が知り得る状態(以下「漏洩等」といいます。)にしてはなりません。
3.会員の故意または過失の有無によらず、本情報が漏洩等したことを発見した場合、すみやかに当社に通知するものとします。漏洩等の事実を知りながら通知しなかった場合、当社は、会員が本情報を故意に漏洩したものとみなします。
4.会員は、自己の責任において本情報を適切に管理しなければなりません。
5.会員は、自己が運営するウェブサイト、自己が利用するSNS、掲示板もしくは印刷物その他これらに準ずるものに本情報の全部もしくは一部を掲載し、または本情報の全部もしくは一部を公衆に伝達(テレビ、ラジオ、インターネット番組等での口述その他の公衆送信および送信可能化を含み、以下総称して「掲載等」といいます。)するときは、事前に以下の各号の内容を当社に通知し、当社の許諾を得なければなりません。ただし、的中画面のスクリーンショットその他会員サービスの利用の結果等、本情報そのものの複製(社会通念上、本情報の本質的特徴を感得できるものを生成する場合を含みます。)ではない場合は、許諾を得る必要はありません。

(1) 掲載等する情報
(2) 掲載等を行う媒体、態様
(3) 掲載日または掲載期間

第9条 「当社による情報の取扱い」

1.当社は、会員投稿情報を、ソフトウェアの開発および印刷物、ウェブサイトその他の媒体への掲載その他社会通念上合理的な目的および範囲において、会員に通知することなく無償で利用できるものとします。
2.会員投稿情報が会員の創作した著作物である場合、当該会員は、当社および第三者に対して著作者人格権を行使しないことに同意し、また複製権、翻案権、公衆送信権その他の著作権法第27条および第28条を含むすべての著作権を行使する非独占的な権利を、無償かつ地域および期限の制限なく当社に許諾するものとします。

第10条 「権利帰属」

1.本ウェブサイトおよび会員サービス(会員投稿情報を除きます。)に関連する著作権その他知的財産権は、当社または当社に許諾した第三者に帰属します。本利用契約は、本規約に別段の規定がある場合を除き、これらの知的財産権を利用する権利を会員に付与するものではありません。
2.会員は、会員投稿情報について、自己が投稿する適法な権利を有していること、および投稿する内容が第三者の権利を侵害していないことについて、当社に対して表明し保証するものとします。

第11条 「サービスの利用環境および費用負担」

会員は、会員サービスを利用するに当たり、必要となるパソコンその他の情報端末、通信機器、通信回線等の費用およびこれらの利用料金を、自己の責任および負担において用意および利用するものとします。

第12条 「禁止事項」

1.会員は、会員サービスを利用するにあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為または該当すると当社が合理的に判断する行為をしてはなりません。

(1) 他の会員または第三者もしくは当社への誹謗、中傷、脅迫
(2) 他の会員または第三者もしくは当社に不利益を与える行為
(3) 当社または他の会員に対する売名、宣伝、営業行為
(4) 公序良俗に反する行為、またはそのおそれのある行為
(5) 法令に違反する行為、または違反のおそれのある行為
(6) 当社および会員サービスの運営を妨げる行為
(7) 本ウェブサイトおよび会員サービスのネットワークまたはシステム等への不正アクセス
(8) 当社が提供するソフトウェアその他のシステムに対するリバースエンジニアリングその他の解析行為
(9) 自己に関する虚偽の内容を当社に通知する行為
(10) 第三者になりすます行為
(11) 有償・無償を問わず、本情報に基づいて第三者の勝馬投票を代理する行為
(12) 他の会員の情報を収集する行為
13) 正当な理由なく、当社からの改善要求および指示に従わない行為
(14) アカウント情報を第三者に利用させる行為(他人名義の利用も含みます)
(15) 前各号の行為を試みること

2.会員は、会員サービスを利用するにあたり、以下の各号の情報を投稿し、または方法を問わず他の会員を含む第三者が閲覧できる状態にしてはなりません。

(1) 第三者の権利を侵害する表現を含む情報
(2) 過度に暴力的な表現、およびわいせつな表現を含む情報
(3) 自殺、自傷行為を助長する表現を含む情報
(4) 反社会的な表現を含む情報
(5) セクシャルハラスメント等の他人に不利益または脅威を与える表現を含む情報
(6) チェーンメールその他第三者への拡散を求める情報
(7) 当社および他の会員の名誉または信用を毀損する表現を含む情報
(8) 法令に違反し、または公序良俗に反する表現を含む情報

第13条 「情報管理」

1.当社は、会員サービスの円滑かつ適正な提供のために、会員の個人情報および本ウェブサイトへのアクセスログその他の情報を取得し保有します。
2.当社は、本人の同意がある場合または法令に基づき必要となった場合を除き、前項で収集した情報を第三者に開示しないものとします。
3.当社は、理由を問わず会員との間の本利用契約が終了した場合でも、当社が保有する会員にかかる情報(会員の個人情報を含みます。)の一部を、第4条第1項に基づく審査その他の目的のために、継続して保有することができるものとします。
4.当社は、第12条第2項に該当したとき、または本利用契約が解除されたとき、その他当社が必要があると判断したときは、会員に通知することなく会員投稿情報を削除することができるものとし、当該削除についてその理由を開示する義務を負いません。

第14条 「退会」

1.会員は、退会する月の月末までに当社所定の方法により当社に通知することで、会員サービスの利用を終了し退会することができます。当該通知が当社に到達した月の月末(以下「退会日」といいます。)をもって退会とし、本利用契約が解除されます。
2.会員が退会した場合、当社は当該会員から受領済みの会費を返還する義務を負いません。ただし、当社が退会日の翌月以降に充当する会費を受領済みの場合に限り、退会日の翌月以降の会費を、会員の手数料負担にて返還するものとします。

第15条 「会員資格の取り消しおよび損害賠償」

1.当社は、会員が以下の各号のいずれかに該当すると判断した場合、事前の催告なく本利用契約を解除し、会員の資格を取り消すことができるものとします。この場合、本規約の他の規定によらず、当社は受領済みの会費を返還する義務を負いません。

(1) 第12条に違反すると当社が判断する行為があった場合
(2) 第4条第2項各号のいずれかに該当すると判断した場合
(3) 第17条各号のいずれかに該当する場合
(4) 会費の支払いを遅延した場合
(5) 本規約または会員サービスにかかる規約に違反し、当該違反の是正催告を受けてから30日を経過してもなお是正されない場合

2.会員は、本規約または会員サービスにかかる規約に違反したことにより、当社に損害(直接かつ現実に生じた損害に限ります。)を与えた場合は、本利用契約が解除されたか否かを問わず、当該損害の全部を賠償する責任を負います。
3.会員サービスを利用することによる第三者への利益供与が発覚した場合、当社は、当該利益供与を行った、または関与した会員に対して、1年分の会費に当該第三者の人数を乗じた金額を当社が被った損害とみなし、その賠償を請求することができるものとします。

第16条 「本利用契約解除後の対応」

1.会員は、理由を問わず本利用契約が解除された以降は、会員サービスを利用することができません。
2.前項の場合、第8条第1項に基づく本情報の利用権も消滅します。ただし、第14条に基づき本利用契約が解除された場合に限り、同項の規定は、当該解除後1年間に限り、引き続き効力を有するものとします。

第17条 「反社会的勢力の排除」

会員は、当社に対し、自己が以下の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ本利用契約が有効である期間において以下の各号のいずれにも該当しないことを誓約します。

(1) 反社会的勢力(暴力団、暴力団員、暴力団でなくなったときから5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者をいいます。)に属すること
(2) 反社会的勢力が自己の経営に実質的に関与していること
(3) 反社会的勢力を利用していること
(4) 反社会的勢力に対して資金等を提供し、または便宜を供与する等の関与をしていること
(5) 反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有していること
(6) 自らまたは第三者を利用して、当社または当社の関係者に対し、詐術、暴力的行為、法的な責任を超えた不当な要求行為または脅迫的言辞その他これらに準ずる行為をすること

第18条「再入会」

当社は、理由を問わず退会した者および会員資格が取り消された者の再入会を認めません。ただし、当社が特別に認めた場合は、この限りではありません。

第19条「会員サービスの中断」

当社は、以下の各号のいずれかに該当する場合は、会員に事前に通知することなく、会員サービスの全部または一部の提供を中断することができるものとします。

(1) 地震、風水害、落雷等の天災地変、火災、停電その他不可抗力により会員サービスの提供が困難となった場合
(2) 会員サービスの運営にかかるコンピューター、通信機器、通信回線等(以下「回線等」といいます。)の保守、点検、メンテナンスを緊急に行う場合
(3) 回線等の障害、不正アクセス、ハッキング、過度なアクセス等により会員サービスの提供が困難となった場合
(4) 理由を問わず、競馬開催が中止または延期された場合
(5) その他、会員サービスの提供を中断せざるを得ない事態が生じた場合

第20条「免責事項」

1.当社は、当社の長年の研究、経験および実績に基づいて情報を提供し、また会員サービスを運営しますが、本情報を含み会員サービスの利用によって会員が知り得たすべての情報の正確性、完全性、有用性、商品的価値、継続性、特定の目的への適合性、会員による会員サービスの利用が会員に適用のある法令その他規則等に適合すること、および不具合が生じないことについて、明示または黙示を問わず何ら保証するものではありません。
2.会員と他の会員との紛争は、当該会員間で誠実に解決するものとし、当社は、当社の責めに帰すべき事由に起因する場合を除き、紛争に介入する義務を負わず、またその他の責任を負いません。なお、この規定は、当社の介入を不可能とするものではありません。
3.当社は、当社が不法行為責任または債務不履行責任を負う場合を除き、会員サービスの利用により会員に発生したいかなる損害(以下の各号のいずれかに起因する場合も含みます。)についても、その責任を負いません。

(1) 当社の故意または過失によらず、回線等およびこれに準ずるものに生じた障害、不具合、中止、停止等
(2) 競馬開催の中止、延期等
(3) 会員サービスの中断、運営の停止または廃止等
(4) 会員が所有し、または契約する機器もしくはサービス(会員サービスを除きます。)の障害、不具合、中止、停止等
(5) アカウント情報の使用上の過誤もしくは第三者による利用
(6) その他、社会通念上、当社の責めに帰さざるべき事由

4.当社が会員に対して賠償責任を負う場合、当社が当該賠償責任を負うことが確定した日から過去1年間に会員が当社に支払った会費の合計額相当を、当社が負う賠償責任の上限額とします。また、会員が負う特別損害、間接損害、将来発生する損害および逸失利益については、当社は賠償する責任を負わないものとします。

第21条「秘密保持」

会員は、本規約または会員サービスに関連して当社が会員に開示した情報で、秘密に取り扱うことを求めたものについては、当社の事前の書面による承諾がある場合を除き、第三者に開示および漏洩してはならず、秘密に取り扱うものとします。

第22条「権利譲渡」

1.会員は、当社の事前の書面による承諾なく、本利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務について、第三者に譲渡、移転、担保設定その他の処分をすることはできません。
2.当社は、会員サービスにかかる事業を他社に譲渡した場合、当該事業譲渡に伴い本利用契約上の地位、本規約に基づく権利義務および会員の登録情報ならびに会員投稿情報その他の会員にかかる情報のすべてを、当該事業譲渡の譲受人に譲渡することができるものとします。なお、本項の事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。

第23条「分離可能性」

本規約のいずれかの条項または一部が、消費者契約法その他の法令により無効または執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定および一部が無効または執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

第24条「本規約の改定」

1.当社は、会員サービス内容の変更、法令の改正、社会情勢の変化その他事情により本規約の変更が必要であると合理的に判断した場合は、民法548条の4に基づき、本規約を変更することができるものとします。本規約を変更する場合は、事前に変更後の本規約の施行時期および内容を本ウェブサイトでの掲示その他適切な方法により周知し、または会員に通知します。
2.前項の規定によらず、法令上、会員の同意が必要となる内容の変更の場合は、当社は、当社所定の方法で変更後の本規約についての会員の同意を得るものとします。

第25条「準拠法」

本規約、会員サービスおよび本利用契約に関する準拠法は、日本法とします。

第26条「管轄裁判所」

会員と当社の間で本規約または会員サービスの利用に関して紛争が生じた場合は、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。